スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿レック

せっかくビエラさんのブログに載せてもらったので解説を少しばかり。

レックウザ⇒まずは配分から。全て攻撃と素早さに振っています。一般的なものだと、流星群のダメージを増やすために特攻に多く降ることが多いと思います。ではなぜこのような配分にしたかと言うと、やはり神速のダメージ量を増やすためです。レックウザはボードコントロール型ではありますが、短命のためそれを活かすには工夫が必要です。結論としては、被弾回数を最低限に抑えること。つまり、敵より早く倒せばいいということです。しかし、それを行うがゆえに自身が引いては意味がありません。ということで、汎用性を保ちつつ被弾回数を抑える神速の使用回数が一番多いです。技構成にこ関しては、パーティーの補完的に組んでいます。神速に加えて、全体的にキツいギラティナホウオウへの打点を意識しています。

ゴウカザル⇒物理が高くてなんぼのルールなのでas全振り。計算すると分かるのですが、無振りパルキアを猫インファと珠神速で落とせるくらいです。このラインは結構重要で、上をとってくる龍を行動させずに落とすことが出来ます。技構成は至って普通で、ワンチャン餡子が入るかってところですね。個人的には、守るは切れないと感じたので守る。もちろん、猫や流星群警戒で動いてきた相手の行動を縛る餡子も強いです。

カイオーガ⇒穏やかオボンなので物凄く硬い。サレックはミラーがものすごく不毛なのでそれを解消する為の牌です。多くの型だと後ろにスカーフカイオーガがいることが多いと思いますが、それをタイマンで倒せます。言うまでもなく、眼鏡の場合は先発で行けます。補正なし雷とか余裕で耐えます。また、ギラティナとりわけ瞑想型への回答にもなり得ます。全体的にキツいですが、無理矢理勝ち筋を残します。俺曰く、合理的な30%らしいです。

メタグロス⇒これまた奇形の眠る型。ここまででメタグロスに有効打を持っているのが、非雨下の猿か雨下のカイオーガに限られます。どちらと天候がからんで安定しているとは思いません。そこで考えたのは、眠る搭載。ミラー勝率がグンと上がりました。高速龍を受けるのはこいつの仕事。

最後眠くて適当になりましたが、こんな感じでした。僕の構築で一番自信があります。みなさんも使ってみましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Babel225

Author:Babel225

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。