スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旋風BF 各デッキへの戦い方2

一昨日の続き

・対マシンガジェ
エクシーズの登場により評価を上げてきたこのデッキ。ガジェット、ギアフレーム、ブレイカーのような単体でアドバンテージを稼げるカードが入っているので、早めにパターンを切り崩さないと後半トップに頼る戦い方になってしまいます。七つGBAなどを構えながら戦闘破壊していきましょう。また、フォートレスはかなり厄介なのでマストカウンターです。奈落警告があれば使っていきます。
サイド後も意識することは同じです。
in
クラッシャー、幽閉2
out
クロウ、弾圧、ダスト

・光デュアル
サーチ、エスケープ、SS、高打点と強い要素が多いこのデッキ。シロッコのないBFにとっては下級モンスターでの戦闘破壊はほぼ無いので序盤はかなり厳しいと思います。なので、序盤はフリーチェーンのカードを使いながらバックを以下に剥がしていくかを考えていきます。サイクロン砂塵GBAの6枚を駆使して後ろを開けます。また、伏せを多くおかないことです。前半はリソースをできるだけ貯め込みます。後半はシンクロやエクシーズを投げて序盤での戦闘アドバンテージの差を取り返しましょう。また、奇跡はマストカウンターです。シャイニングの高打点は返し手があまりありませんし、Zeroの全体破壊効果は非常に強力です。
サイド後は序盤からサイファーでの戦闘破壊を考えます。このときライオウには気をつけます。サイファーを失った状態で融合を出されると絶望的です。返し手が無い時はライオウを確実に除去しましょう。サイド後の後半は、序盤に戦闘破壊した分のライフ差で優位に立てるはずです。
in
クラッシャー、Aボム、サイファー2、幽閉2
out
クロウ、シュラ、ブラスト、警告2、七つ

・対墓地BF
相手のプレイングはかなり繊細なものが要求されるので一度崩してしまえば逆転というものは難しいです。グレファー終末当たりの準備カードがシュラの餌になるので積極的に狙っていきます。ブラストSSからのヴァーユで主要なところを抜けばほぼ勝ち確です。返してのシロッコには気をつけましょう。BFを場に残しておくと簡単に戦闘破壊されてしまいます。後半は墓地だけでなく除外ゾーンも注意しながら戦います。埋葬帰還ダムドあたりが軒並み制限なので同時に引かれない限りパワーをそこまで高くありません。
サイド後は、奈落幽閉カイクウできちんと除外していきます。場が開いて来たら見計らってトリシューラを投げます。だいたいそれで事足ります。
先攻
in
クロウ、幽閉2、カイクウ
out
死霊、警告2、弾圧
後攻
in
クロウ、幽閉2、カイクウ
out
死霊、ダスト、アンリバ、七つ

・対旋風BF
ミラーマッチにおける引きの善し悪しを踏まえたうえで。できるだけ多くのカードを相手より速くめくること、これが重要だと思ってます。多くのカードをめくれば本命を引ける可能性が高まるので先攻後攻のアドバンテージ差や引きの差を埋めることができます。しっかりとしたプレイングをすればあとはプレイヤースキルが物を言うと思います。
サイド後は多少運での勝敗の差が無くなります。メイン戦を落としてしまってもここからと思って頑張ってください。
先攻
in
クラッシャー、幽閉2、カイクウ
out
クロウ、ブラスト、警告2
後攻
in
クラッシャー、幽閉2、カイクウ
out
クロウ、警告2、ダスト

長々と書いてきました。読んでくれた方、ありがとうございます。この記事を読んで少しでも「旋風使ってみよう」とか「ためになった」とか思ってくれれば幸いです。鼻血出して喜びます。俺よりも旋風上手い人、散文でスイマセン。もっと精進します。ではこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Babel225

Author:Babel225

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。